お酒の楽しい飲み方とは

沖縄のお酒、泡盛について

お酒の楽しい飲み方とは 泡盛というお酒は主としてインディカ米を原料として黒麹菌(アワモリコウジカビ)を用いた米麹です。その黒麹によって発酵させ、もろみを蒸留した琉球諸島産の蒸留酒のことをいいます。そんな泡盛は焼酎に分類され、意外と低カロリーなのです。蒸留酒であるので、低カロリーで血液をサラサラにする効果も期待できると言われています。その理由として泡盛や本格焼酎を飲むほうが、凝固した血液を溶かす因子(繊維素溶解酵素)であるプラスミンの量が増えるとされるのが挙げられます。

またほかにも美容の面でも効果があるとされています。その一つとして泡盛の古酒に含まれている香り成分には、坑酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるというものです。泡盛のどんな成分が効くのかは分かっていませんが花粉症などの症状が軽減されたと言う報告もあります。

そんな泡盛はいろんな飲み方が楽しめます。例えばストレート、オン・ザ・ロック、水割り、お湯割り、炭酸割りなどのほか、地元では沖縄特産品を使用したシークヮーサー割りやウコン割りなどもされ、カクテルベースとしても様々なレシピのカクテルが考案されています。牛乳割りやコーヒーと合わせたりと少し変わった飲み方でも美味しいのでぜひ試してみてはどうでしょうか。